かすすんの経験

30代 共働き 娘1人 そんな私の経験を綴ったブログです。

化粧品売り場でお化粧してもらったものの欲しくない。なんて言えばいい?コスメカウンターでの断り方

こんにちは、最近お化粧もマンネリ気味なかすすんです。
最近は化粧品の購入も便利なネット注文で済ます人が多いと思います。

「そろそろ新しい口紅が欲しい。」
「本当に自分に似合うのは何色?」
「もっと自分に合うファンデーションがあるかも?」

そんな風に思った時は思い切ってデパートのコスメカウンターでお化粧してもらうのもいいかもしれません。

f:id:kasuchan:20180622210610j:plain

しかし、ついつい勧められるがままに欲しくないものまで買ってしまって後悔・・・

そんな経験ありませんか?

そこで、欲しくない時の断り文句をご紹介します!

①「今日は買わない」と最初に言う

もし最初から今日はお試しということであれば、最初にそのように伝えておけば、買わないことへの罪悪感は大分なくなると思います。

具体的には、

「今日は買う気はないんですけど、試しに気になるものを付けてもらうことはできますか?」
「肌が弱いので、今日は試しに付けてもらうだけにして、1日様子を見て大丈夫そうだったら後日改めて購入させていただきたいのですが。」

などですかね。
正直に今日買わない理由を伝えればいいと思います!

先に買わないと伝えておけば、お化粧してもらった後で

「ありがとうございました。検討させていただきます。」

とかなんとか言えばスムーズにサヨナラできます。

もしすごく気に入って買いたくなった時は

「今日は買うつもりなかったのですが、ものすごく気に入ったので、買わせていただきます!」

とかなんとか言って買えば、店員さんも喜んでくれます。

買わないと思っていたお客さんが買うんですもの。
店員さんの自信にも繋がりますね♪

②様子をを見たい と言う

購入する気でお化粧してもらったものの、気に入らなかった時。
化粧品自体が気に入らない時もあれば、店員さんが気に入らないこともあります。笑。

そんな時の一言。

「私化粧持ちが悪いので、このまま半日過ごさせてもらって、それから買うか決めていいですか?すごく気に入ったんですけど、以前それで失敗してしまったことがあって。」
「化粧品久しぶりに新しいものを買うのでウッカリ忘れていたんですが、私合わない化粧品が多くて、翌日顔が痒くなってしまうことがあるんです。様子見させてもらって、大丈夫そうだったら購入させていただいてもいいでしょうか。」

③親や夫や友人に見せたい と言う

「自分では似合っているかわからないので、母に見てもらってから決めてもいいですか?」
「夫が化粧にうるさい人で・・・私は気に入ったんですけど、一度夫に見せて、夫の賛成を得てから買わせてもらってもいいですか?」

まとめ

いかがでしたか?
私は若い頃は、なかなか断れずに色々買ってしまっていました。
しかし、ある時基礎化粧品で2万円近くするものを買ってしまい・・・
肌荒れして使えず涙。
その経験をしてから、しっかり自分に合っているかを見極めてから買おうと思うようになりました! しっかり試して、満足できるものを!
店頭で困った時は、これらのフレーズを使って見てください。

オルビスでは、ネットで肌診断して、自分にピッタリのサンプルを無料でくれるので、忙しくてお店に行けない人にもオススメです。

オルビス スキンケアチェック

ちなみに私の診断結果は油脂と水分が多いという脂性肌。
テカテカしています!