かすすんの経験

30代 共働き 娘1人 そんな私の経験を綴ったブログです。

一般職から総合職に転換するということ

こんにちは、チョコミントドリンクが大好きなかすすんです。

いつからか、女性活躍って良く聞くようになりましたよね。

f:id:kasuchan:20180516234210j:plain 私が勤めている会社でも、時短勤務や男性の育休取得、看護休暇など、子育てしながらでも働きやすい環境が整ってきています。
総合職の新入社員も男女半々でした。
出世して部長となっている方もいらっしゃいます。
それと同時に一般職の女性の総合職への転換も進んできています。

私は一般職なのですが、先日部長との面談で総合職への転換を勧められたので、少し考えてみました。
最初、私はこう思いました。

「やる気も能力も総合職に劣るであろう一般職の女性を総合職にして一体どんなメリットがあるの?!」

時代の流れなんですかね。
一般職を廃止した企業もありますもんね。
果たしてそれでみんなが幸せになれるのでしょうか。
女性が輝けるのでしょうか。

一般職で居続けた場合のメリット、デメリットと
総合職に転換した場合のメリット、デメリットを
妄想しながら書いてみます。

一般職で居続けた場合のメリット

・今までと変わらず事務の仕事で、精神的な負担はなし。
・今まで同様ストレスフリー。
・総合職より、時短で働いたり子供の病気で急に会社を休む時の自分の気持ちが楽。
・総合職の時短や急に休むことに比べれば、周りへの負担はいくらかマシ。
・家事や育児も今まで通りできる。

一般職で居続けた場合のデメリット

・リストラの対象になりやすい⁉︎
・他の一般職から総合職に転換した人を見るのがストレスに。
(あんなに仕事できないあの人が総合職になって私よりたくさんお給料もらってる!怒 )
(総合職になっても一般職の時と仕事内容大して変わってない人いるじゃない!怒)
・仕事を通しては成長しづらい。責任の重い仕事はできない。

総合職に転換した場合のメリット

・お給料アップ!これに尽きる!
・転職しやすい
・やりがいを感じるかもしれない

総合職に転換した場合のデメリット

・仕事のストレスが増加し、家事育児にも支障が。
私「もっと家事やってよ。」
夫「こんなに手伝ってるだろ。」
私「手伝ってるって何?手伝うっていうスタンスだからダメなのよ。私は仕事も全力でやって、保育園お迎え行って、休む暇なく子供にご飯を食べさせて、お風呂入れて、洗濯して、あなたの夕飯を作っているのよ。何よ。もっと協力しようって気にならないの。」
夫「こうなるのが分かってたから俺は総合職に転換するなんて反対だったんだ。」
私「これだもん。女性活躍なんて無理だよね。男性が早く帰宅して家事育児をやるっていう気がないんだもん。」
夫「・・・もういいよ。」
私「私も話したくないわ。」

おっと。ものすごい妄想が膨らんでいっちゃいました。
あとは、
・会社を休みづらい(精神的な問題)
・時短を使いづらい(精神的な問題)
・よくその頭で総合職に転換したね、て思われそう(精神的な問題)
・転勤の可能性もなくはない。
・仕事と家庭の両立が出来ず、体を壊すかもしれない。

まとめ

総合職に転換して良かったと思うか失敗だったと思うかは、やってみないと分かりません。
助けてくれる親が近くにいたり、旦那さんが早く仕事から帰って来られる家庭なら、女性も働きやすそうですね。
総合職の共働きなら、家事は思い切ってお金を払ってやってもらうのもありかもしれません。
家族みんなに理解し、協力してもらう必要もありそうです。

どの道を選んでもきっと選ばなかった方の道がよく見えるんだろうと思います。

私は今はまだ子供が小さいので一般職で働こうと思っていますが、心の奥底では挑戦したい気持ちもあります。
今は取り敢えず、何が起きても大丈夫なように勉強でもしておこうかと思います。
私、心配性なので♪
まずは、一般職の中で一番を目指してみようと思います♪